11 2019.02

有酸素運動と筋力トレーニングはどちらを先に行うべきか?

 

おはようございます。あおやまです。沖縄での1日目が終わりました。

半袖、短パンで寝られます。同じ日本なのに不思議ですよね。東京雪でしたから。

 

さて、今日は下記の質問についてお答えしていきます。

有酸素運動と筋トレはどちらを先にやればいいですか?

 

上記の質問を深堀しながら、理論的に考えて一人でジムに行ってもダイエット成功しましょう。

前回の記事でもお伝えしましたが、有酸素運動は脂肪燃焼に有効的です。

でも20分以上しなきゃだめですよ!笑

筋力トレーニングは安静時の代謝量をあげますよね。

また、脂肪分解のホルモン分泌を促したりします。

どちらもいいのですが、ここを間違えるとダイエットが遠回りになるので

しっかり理解していきましょう。

トレーニングの教科書では有酸素運動が先と言われることがある。

 

 

トレーニングの教科書では、いくつものトレーニングが組み合わせられる場合、

最重要のものから先にやりましょうと言われています。

脂肪を落とすを最優先事項で考えていくのであれば、有酸素運動が正解ですよね。

よし、明日から有酸素運動を先にやろう。20分以上行って筋トレしよう。

僕もジムには週に3.4回行くようにしていますが、

ひと汗かいて、筋トレをしている人よくみかけます。

でも、ちょっとお待ちください。そもそも脂肪を落とすには2つのステップがいるんです。

え!20分以上の有酸素運動だけではだめなの?と疑問に思いますよね。

ダメではないんです。でも効率を求めなくてはいけません。

誰もが1日でも早く脂肪を落としたいと思いますよね?

そのためには、2つのステップを理解していく必要があるので一緒に学んでいきましょう。

 

 

脂肪の分解と燃焼の2ステップ

  1. 中性脂肪脂肪酸とグリセロール
  2. 脂肪酸とグリセロールの代謝

中性脂肪→脂肪酸とグリセロールに分解するためには、

アドレナリンや成長ホルモンの分泌が必要です。

分解さえ済めば、あとは有酸素運動で燃焼していくだけです。

では、この分解をするために必要なホルモン(アドレナリン、成長ホルモン)は

何をしたら分泌が促されるのでしょうか?

成長ホルモンなんかは、睡眠の時に聞いたことはありますよね?

アドレナリンは運動中など興奮しているときに分泌される?聞いたことありますよね?

でも、単純にこの2つのホルモンを出すには筋トレが有効的なんです。

知ってるよそんなこと!と思っている方もいるかもしれませんが、

おさらいのつもりで聞いてください。筋トレが有効的です。

 

筋トレ→有酸素運動で脂肪の代謝を促す

 

筋トレをすると48時間は安静時の代謝が上がった状態になります。

また脂質代謝も高まった状態が続きますので、ジムに行き2日後にはジムに行きましょう。

なので、週に2.3回が妥当だと言えます。

週に1回でも効果がありますか?と聞かれることがありますが、

個人的にはあまり効果はないのかなと思っています。あと、お金がもったいない笑

なので、ダイエットと考えるのであれば週に2.3回通えるジムを探しましょう。

話を戻しますが、有酸素運動→筋トレの順でやるとどのようなことが起こるのでしょうか?

実は、この順番で行ってしまうと成長ホルモンの分泌が抑えられてしまうのです。

なのでとっても効率の悪いことをしていることになります。

「やばい」「間違えてた」という方々。明日からは筋トレ→有酸素運動で行いましょう。

私は、有酸素運動しか行わないわ。という方々。

こちらはまた説明していきますが、脂肪分解というよりも

整形外科疾患の予防ができなくなってしまうので、この辺りはまた説明します。

 

まとめ

 

筋トレ→有酸素運動の順番が最も効率よく脂肪を落とすことができる。

 

あおやま

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です